読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真を学校で学んでいたけど、動画に乗り換えた話

自己紹介

ボクは短大時代に写真を学んでいました。

 

アートの意味は観る人の感性。作者が意味を無理矢理につけるモノではないと思う。

 

しかし、学校では意味付けを強いられる授業体制。

 

先生に恵まれてなかったのか、作品に対する意味付け問題で留年したりなんかもしました。

 

ボクは不器用だったので、写真一枚にストーリーを展開できるような表現力はありませんでした。

 

そんな苦悩の中、写真一枚にストーリーを表現するのが無理ならもういっその事、動く表現方法、『動画』に逃げてやれ!!

 

そして、在学中に入り浸っていたライブハウスでチャンスに恵まれ、バンドのPV制作をすることになりました。

 

 

どうでしょうか?

 

初心者ながらも一応、形にはできたと完成時は思いました。

 

色々な意見を聞きつつも、写真を撮影していた時よりも動画を作った時の方が好評だったので、ここでイッキにここで動画に振り切っちゃいました。

 

その後も動画を少しずつは撮影してはいるのですが、なかなかアウトプットしていけていないので今年の目標としていこうと思う。